藤井 健太郎
NIHONWASOU USA, INC.
President
(取締役)

[生年月日]
 1965年7月31日
[出身地]
 名古屋市
[学歴]
 長崎総合科学大学
 船舶工学科 卒業
[好きな食べ物]
 カレーライス
[好きな音楽]
 Jazz(NYでは時々見に行きます)
[好きな車]
 ムスタング
[歴史上、日本の為に
 貢献したと思う日本人]
 ジョン万次郎
[自分で思う自分の性格]
 頑固であきらめがわるい

kimono newyork

kimono vietnam

日本和装

Yoshida's Blog

きもの姿専門モデルプロダクション「メインステージ」



2009.9.30 17:01:40 未分類

 

日本の伝統”染”が始まりました。 今日は室木社長実演による藍染

の染体験でした。

 

技法としてはハンカチをそれぞれが折りたたみ、藍瓶につけると

いうものですが、空気に触れて見事にジャパンブルーに変化する様子

に皆さん感激していました。

 

藍瓶に発酵した藍が・・

 

染上がったハンカチ

 

藍染の反物紹介

 

室木社長の講義

 

明日からは、第5期のきものセミナーが始まります。 きものの種類、

格、コーディネートなどしっかりお伝えします。

 

今日は、第5期の9回目午前クラスの皆さんの写真撮影でした。

ビルの受付の男性が、「一緒に撮ってくれ~」 と飛び入りです。

 

水曜午前クラスの皆さんと飛び入り1名

2009.9.30 7:47:23 未分類

 

4期のランクアップ教室が始まりました。 このコースは修了パーティー

を除いた、14回の教室を終了され、修了パーティーに参加される方

を対象にしています。

 

一旦着られるようになった方の、レベルアップを目的として、日程を

調整し行っています。来週は染の体験付きのセミナーで、皆さん

伝統技術と商品を見ることを楽しみにされている様子でした。

 

ご協力いただく京朋の室木社長が選りすぐりの商品をNYに運んで

くれました。 セミナーやイベントにご参加いただく皆様には、お洒落の

アイテムを増やしていただく良い機会かと思います。

 

ランクアップ教室の受講されている方のきもの姿です。 クラス

一丸となって皆さんでがんばっています。

 

 

2009.9.26 14:15:11 未分類

 

今週は本当に、NYできもの姿を見ることが多くありました。

 

東京は町屋の ぬりえ美術館 の金子館長がNYの天理文化協会の

ギャラリーでぬりえ展を開催されています。 レセプションはきもので

とのことでしたので、当社も着付けのお手伝いさせていただきました。

 

  永利先生   金子館長

 

しかし、ぬりえをNY で紹介するとはすごいバイタリティーですね 

展示は 10月3日 までだそうです。

 

昨晩は、修了生でピアニストの針ヶ谷 郁さんが、カーネギーホールで

演奏をされるとのことで、見に行きました。 満席で、何名かの方の

演奏もあり、大変素晴らしいものでした。

 

もう一つ素晴らしいと思ったのは、修了生が何名も、きもので見に

来ていたことです。季節も良くなったのですが、自信を持って

きちんと着用している様子、本当に嬉しく思いました。

 

先生も 「嬉しいね~」 と一言。 皆で記念撮影となりました。

 

日本の皆さん、NYでも皆さん積極的にきもの着てますよ!

 

針ヶ谷さん、先生、きもの姿の修了生 (Carnegie Hall:1890年)

 

今週の修了生の皆さんのきもの姿です。 きもので事務所を訪ねて

来られた方、練習にきもので来られる方などなど・・・・

 

 

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

 

今日はアメリカ人のお二人もプライベートレッスンに来られました。

お一人は、この夏日本に行かれたそうで、日本文化に興味を持った

ようです。

 

プライベートレッスンのお二人

2009.9.24 19:02:14 未分類

 

久しぶりにテストを受けました。 運転免許なのですが、1ヶ月ほど前に、

学科テスト、5時間の学科講習、今日がロードテストでしたが、正味

3日あれば取れます。

 

しかし、人に試験されるというのは、緊張感があるものです。 受講者

の気持ちを少し感じました。

 

18年前にCAで免許を取った時は、学科と実技のみで、$12程度

だったと記憶していますが、今はその何倍にもなっていました。

 

現在は5時間の講習必須となっており、免許取得も事業化された

ことを感じました。免許は無事に取れました。

 

さて、一昨日、今回のセミナー商品が、京都から届きました。 やはり

無事に届くとほっとします。 墨流し、藍染、型染めなど、今回

協力いただく京朋㈱の自信の品々ばかりです。乞うご期待ください。

 

ところで、5期生のブロードウェイでの写真撮影が続いています。

 

木曜日午後クラスの皆さん

 

今日は修了生向けのプレミアムコースもスタートしました。 さすが

修了生、終わった後そのままきものでお帰りの方もいました。

2009.9.23 10:47:16 未分類

 

5期のクラスも9回目をむかえています。 夏から秋に季節が変わり

随分長いように感じましたが、2ヶ月と少しです。

 

受講者から好評ですので、この回に草履を持ってきてもらいタイムズ

スクエアをバックに写真撮影を行っています。

 

土曜日午前クラスの皆さん 元気なクラスです。 

 

火曜日夜間クラスの皆さん 

 

 

本当に皆さんよくがんばりました。 きもの姿でのNYデビューは間もなく

ですね。

 

 

4期の教室は、今週で14回の日程を終了し、修了記念パーティーを

残すのみとなります。

 

前回のセミナーで購入したきものも現受講者や修了生の皆様に

お渡ししており、満足されているようです。

 

一点一点、ショールームにて梱包を解き、不具合がないかを確認した

上でお渡ししています。

 

 

 

習って良かったとの嬉しい声もいただいており、習得した技術と知識を

活かし更にきものファンになってもらいと願っています。

 

皆さんのご意見を今後の運営に反映するために4期生の皆様には

アンケートを送付しています。 どうか気がついた点など遠慮なく

お聞かせください。

 

さて、週末は、NYの北に足を伸ばしてみました。 少し紅葉も始まった

ように感じます。 雄大なハドソン川沿いには、小さな町が幾つもあり

ます。

 

 

Mid-Hudson Bridge 1930年 (Poughkeepsieより) 

 

 

昔から知らない町を訪れるのは私の楽しみの一つで、特に自分が

住んでいる近隣の町を訪れると歴史や文化を知ることができます。

 

ここは、Poughkeepsie という町で、オランダ人が1659年に

入植した古い町とのことでした。 何処となく異国の雰囲気を感じさせて

くれました。

2009.9.18 15:03:37 未分類

 

最近、受講者や修了生の間でもプライベートレッスン(有料)が好評

です。 先生が個別に苦手なところや、15回の教室を欠席した部分を

補講してくれます。 このレッスンは一般の方も申し込み可能です。

 

お忙しい方にはお薦めです。 ただし、先生のお時間を確認の上で

お申し込み下さい。

 

今日は、外国の方がこのレッスンに来られました。 お茶のお稽古で

毎週着用するとのことでした。 国は違えどもきもののことを良く

ご存知との先生のコメントでした。

 

 

礼儀正しい受講者に先生もにっこり

 

さて、週間NY生活の9月19日号に、毎月のきものワンダフルが

掲載されました。 また、10月13日に行われる「型友禅の染体験」

も記事で紹介されています。 ご興味のある方はどうぞ。

 

きものワンダフル ←Click

型友禅の染体験 ←Click

2009.9.17 12:41:10 未分類

 

この仕事を始めた当初、伝統産業とか文化とかを目の当たりにする

ことが余りにも多かったので、別の世界に来たかのように思ったこと

を覚えています。

 

見るもの聞くものが全て新鮮で、創業者が考案した和装品の仲介

というビジネスモデルが、この特殊な世界の間を取り持つ面白い

仕組みだったことに大きな魅力を感じて今に至っています。

 

受講者の感動や関心は私が感じた初心の気持ちに近いことを、年数

とともに忘れがちですが、先生と話しをする中で時々思い起します。

 

私が東京で関心を抱いたのが、染の世界。東京染めとして神田川

近郊に染屋さんが今も残っていることに感動し、工房見学を企画した

時、結構大勢の修了生が集まったことを覚えています。

 

大塚駅の大きないちょうの木の前に集合し、都電荒川線で面影橋まで

という行程でした。 現場を見る皆さんの輝いた目を思い出します。

 

NYでは、なかなか日本の物作りの現場を見ることは難しいのですが、

今回の企画は、藍染、墨流し、型友禅の体験型セミナーです。

 

京朋の室木社長 

 

先月、日本和装の加盟店である染のトップメーカーの若社長から、

NYのセミナーに協力したいとのありがたいオファーをいただき、

実現しました。

 

きっと日本の染の技術を自分で体験することで喜んでいただけると

思います。 下記の日程は修了生の皆様対象です。

 

藍染   9/30 13:00-16:00

墨流し  10/2 10:00-13:00

型友禅  10/4 ①10:00-13:00 ②14:00-17:00

 

一般の方はこちらで参加できます。

 

型友禅 10/13 ①10:00-13:00 ②14:00-17:00

※週間NY生活9/19号でも紹介

 

 

5期生の皆様のセミナーではきもの格、種類、コーディネートなどの

お話しと、染の技術の話などもあり内容満載です。

 

【NEWS】 kimono new york の椅子が下記のメディアにて紹介

   9/15  dsgnWrld

 

   8/26  idesign Magagine Bangkok

   7/29 designboom

2009.9.15 11:43:32 未分類

 

日曜日は、D.C.に行ってきました。 永利先生から一度連れて行っ

てと言われており、やっと実現しました。 経済の町NYとともに、政治の

町も見たかったとのことです。

 

Washington Monument 1884年

 

いつか勉強した記憶はありますが、独立戦争を勝利に導いたGeorge

ワシントンの功績を称え作られたとのこと。 時代背景より、30年近く

かけてやっと完成したようです。

 

功績を大胆に表現するアメリカを改めて感じました。 因みに私は

2度目なのですが、今回は一つ一つをじっくりと見れ勉強しました。

 

 

日帰りなので、早朝のAMTRACKで、永利、山本、藤井で出発。 片道

3H30Mの旅でした。 前日とは打って変わって晴天の秋空でした。

 

電車の旅、久しぶりでした。 このAMTRACK普通の座席で、日本で

言うグリーン車のサイズに近く、結構快適です。

 

iphoneを見ながら入稿原稿の確認しています。

 

さて、到着後は、国会議事堂を見た後、やっぱり短時間のツアーは

と思い、2階建てバスに乗り込みました。

 

喜代美ちゃん今日も張り切ってます。 $35/Person NYより安い

 

バスツアーは、郊外まで結構広い範囲でした。 Massachusetts

Aveは、各国の大使館がずらっと並ぶ、まるで世界が一つに集まった

様な光景でした。

 

町自体に高層の建物がないのですが、大使館も閑静な住宅街という

雰囲気を感じました。

 

日本大使館の前もバスで通過

 

スタッフ全員で記念撮影し、ワシントンを後にしました。

 

 

初公開、先生の洋服姿。 ジーパン、Tシャツでした。

 

NY到着後、定例の役員会でした。 今回もネット上で参加です。

日本では、インフルエンザの警戒が高まっており、スタッフは周りへの

気遣いもあり、社内でもマスク着用とのことです。

 

ところで、日本では、秋の受講者を大々的に全国で募集しています。

日本のお友達等に是非ご紹介ください。 www.wasou.com

2009.9.11 10:32:34 未分類

 

セミナーで購入された皆様のきものや帯が、日本から予定より数日

早く到着しました。 特別注文のブルーの箱、丈夫でとても機能的にで

きており、今回も安全に到着しました。

 

この箱、日米間を年間7往復します。

 

京都の当社の事業所、糸の匠センターで、メーカー、縫製会社など

からの商品の検品と納品を全て行っています。 厳しい検品と定評

ですが、高品質の確保には、重要な役割だと思います。

 

今や年間6万点以上の商品を日本全国とNYに発送しています。

 

きものや帯がきちんと収まるサイズです。

 

中はこんな感じです。

 

きものと帯のサイズに合わせたオリジナルの箱。

 

ご承知の通り、一番良い状態で皆様にお渡しするために、自宅配送

は行っておりません。 中身をきちんと確認しお渡ししています。

 

ご足労をお掛けしますが、ご都合のよろしい時にお立ち寄りください。

 

【お知らせ】

9月30日より、京染のトップメーカー京朋の室木社長が来米!

藍染・墨流し・型友禅の体験ありの特別講座開催予定です。修了生

の皆様にはご案内をお送りします。 乞うご期待!

2009.9.10 10:34:08 未分類

 

NYでご指導いただいて早1年4ヶ月、永利先生の取材記事が

日経新聞9月8日の夕刊に掲載されました。 記事はこちら

 

 

恐らく、きものを毎日着てマンハッタンを歩いているのは、先生だけ

だと思います。 英語はしゃべれなくても、いつも会う人とは笑顔で

挨拶。 それだけで気持ちが伝わるようです。

 

ビルの受付の人も、先生が挨拶すると、一緒にお辞儀しています。

 

私達の自慢の先生です。 NYでも確実にきもの人口が増えてきて

いることを感じます。

次ページへ »
2009年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930