藤井 健太郎
NIHONWASOU USA, INC.
President
(取締役)

[生年月日]
 1965年7月31日
[出身地]
 名古屋市
[学歴]
 長崎総合科学大学
 船舶工学科 卒業
[好きな食べ物]
 カレーライス
[好きな音楽]
 Jazz(NYでは時々見に行きます)
[好きな車]
 ムスタング
[歴史上、日本の為に
 貢献したと思う日本人]
 ジョン万次郎
[自分で思う自分の性格]
 頑固であきらめがわるい

kimono newyork

kimono vietnam

日本和装

Yoshida's Blog

きもの姿専門モデルプロダクション「メインステージ」



2009.9.9 9:58:13 未分類

 

銀座教室で永利先生の受講者だった方からメールをいただきました。

 

≫一部省略

「先日、久しぶりに伺った展示会にて、旧知のスタッフの方から
永利先生がN.Y.にいらっしゃることをお聞きしました。
いつもいつもパワフルな永利先生でしたが、まさか、N.Y.にて
教えていらっしゃるとは驚きました。
フジイ社長のブログを拝読し、ところどころに挿入された写真に
永利先生のお姿を見つけては、懐かしく拝見しました。

 

永利先生のお教え通りにはいかず、未だ上達しない着付ですが、
休日にはできるかぎり着物に袖を通しています。
先生のお写真を拝見し、ご指導いただいた頃の先生のお顔を
思い出しては、誤魔化し気味になっていた半襟付けや着付を
今一度、初心に立ち戻って丁寧にしようと思っています。」

 

来年早々にNYでオペラの観劇を計画されているようです。 是非

日本和装USAにもお立ち寄りください。

 

今日はNY教室5期生の6回目、皆さん名古屋帯の結び方に必死

です。 隣から先生の声が聞こえています。

 

ブログをご覧の日本の修了生の皆さん、永利先生への応援メッセージ

お送りください。  info@kimonostyle.net

 

さて、先日NYから北へ足を伸ばしてみました。 少し木々が色づいて

きているようでした。 透き通った高い空、さわやかでした。

既にNYも秋の気配ですね。

 

Mystic CT

2009.9.3 14:06:50 未分類

 

こんなCMが流れています。 日本では、春と秋に教室を開催して

います。 http://www.wasou.com/course/ad.html

  

~きもの♪きものが着られる♪~ 

という歌が日本全国に流れています。 面白いので一度ご覧ください。

私もこのCM、毎回見ていますが笑えます。

 

どうぞ、日本のお友達にもご紹介ください。 日本和装の教室、第三者

機関の調査で通いたい着付教室 No.1 となっています。

Toll Free 0120‐154‐829(日本国内)

 

NY校は、4期生が最終ラウンドを迎えています。 最近は、皆さんで

集まって練習しているとの話もよく聞きます。 NYは急に涼しくなった

のでなおさらですね。

 

ところで、今回きものセミナーと帯セミナーなどを担当いただきました。

金子先生が、本日帰国しました。 日本から送ってきたきものや帯も

本日、輸送業者に引き渡しました。

 

「色々な人に出会え楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 もう少しここに居たい・・・JFKにて」 とのコメントでした。

 

金子先生、到着したらまたすぐセミナーが控えているようです。

2009.9.1 11:26:23 未分類

 

この数日とても涼しく、今年は真夏を感じさせてくれたのは1週間程度

だったように思います。 今朝の気温は、14℃でした。

 

さて、先日はビレッジのCafeで、三味線の演奏会を見に行きました。

 

修了生の大泉さん

 

日本和装の修了生とアメリカ人の方とのセッションでした。 日本でも

なかなか聞けないのに、このNYで外国人のお客さんを前になり響く

三味線の音色、何かほっとするような気持ちでした。

 

文化を三味線を通じて披露する、お二人の姿を見て、勇気をもらい

ました。

 

さて、先週よりスタートした帯セミナー、いよいよ明日をもって終了です。

 

となみ帯を紹介中

 

 

この帯セミナーでは、帯の産地、種類、格を勉強してもらっています。

日本と同じように、素材、図案などもアメリカに持ってきてもらい物作り

をご覧いただいています。

 

金子テラーもNYの空気にすっかり慣れて、昨晩はミュージカルを見て

感動していました。

 

ところで、kimono new york が5月に発表した椅子ですが、

この度、中東のバーレーン(サウジアラビアの隣国)のデザイン誌に

掲載されました。

 

 

目次のページとP28~29をご覧ください。 Clienteleという雑誌です。

http://www.clientele-magazine.com/

思わぬところに掲載されたと感じており、反響が楽しみです。

« 前ページへ
2009年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930