藤井 健太郎
NIHONWASOU USA, INC.
President
(取締役)

[生年月日]
 1965年7月31日
[出身地]
 名古屋市
[学歴]
 長崎総合科学大学
 船舶工学科 卒業
[好きな食べ物]
 カレーライス
[好きな音楽]
 Jazz(NYでは時々見に行きます)
[好きな車]
 ムスタング
[歴史上、日本の為に
 貢献したと思う日本人]
 ジョン万次郎
[自分で思う自分の性格]
 頑固であきらめがわるい

kimono newyork

kimono vietnam

日本和装

Yoshida's Blog

きもの姿専門モデルプロダクション「メインステージ」



2010.8.26 19:24:20 未分類

8月もあっという間に過ぎ、NYはとても過ごしやすい気候になって

きましたね。

 

最近、織物の技術の素晴らしさがこのNYで、少し伝わりつつある

ことを感じています。 帯の様な緻密な織物は、他の国にはあまり

無いようです。

 

今日もアメリカ人のお客さまが、帯を見にショールームに来られ、

結ぶものと言うより、芸術品として見ているようでした。

 

先週開講した6回コースのきもの教室は2回目の授業でしたが、

残念ながら欠員が多いため、他のクラスと合併です。

こういう事も時にはあります。

 

さて、9月の中旬より、日本からメーカーがまたNYに来ます。 今回は

「とみや織物」 という、西陣では明治初旬創業の京都西陣でも有数の

ビッグメーカーです。  

 

昨年と今年の、ICFFに出展した帯地を使用したチェアーは、とみやの

帯地を使用しており、色々なメディアから取り上げられ反響があり

ました。

 

 

  

 

ここの社長は、いつもNYのことを気にかけてくださっているお一人で、

いつもありがたいと思っています。

 

どのメーカーも独自の技術を持っていますが、とみや織物は紹紦綴れ

という素晴らしい技術で織り上げた帯を作っています。 また後日最新

の画像をUPします。

 

今日は、NYで配布されているMETROというフリーペーパーに

アメリカ人向けのきものお試しコースの広告を掲載しました。

 

数件お問い合わせをいただいています。

 

 

METRO

 

朝、いつもの地下鉄の出口で手渡しで配られていましたが、今日は

いつもより多めにもらいました。

 

9期生の教室は今日が13回目のテストでした。 お帰りの時の皆さん

の表情は、この数ヶ月で着られるようになった! という様子でした。

 

 木曜日午後クラスの皆さん (実技テスト後にペーパーテスト)

2010.8.21 1:07:56 未分類

5月のICFFショーに出展した帯地を使用したScreen を気に入ってくれた

お客様が今日購入してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 
Kicho Screen

 

帯地を使用し、アメリカのデザイナーとアメリカの家具工場で生まれた

日米共同のプロダクトです。

 

西陣の帯を使用していますが、この織物の素晴らしさをわかってくださる

アメリカ人のお客様がいらっしゃったのが何よりも感激です。

 

家具工場の社長も今までの家具にはない日本のテーストを入れたものが

受け入れられたことが嬉しかったようで、お祝いしようぜ!と

言われました。

 

NYにきた2008年の6月に立ち上げたプロジェクトですが、あきらめずに

続けてきて良かったと思っています。

 

日本のボスが誰よりも喜んでくれました。

2010.8.16 21:07:51 未分類

15日にタイムズスクエアーで撮影したものですが、今日が終戦の日

だと思い出しました。 このスカルプチャー、65年前のこの日、タイムズ

スクエアーで撮影された、1枚の写真を元に復元されたそのことです。

 

VJ DAY

 

第二次世界大戦の終結(アメリカでは勝利)を喜び、軍人と看護婦の

見知らぬ2人がこの場所でキスをしたというもので、先月、NJの知人を

訪ねた時にその話を教えてもらいました。 写真はその通りでした。

  

日本は敗戦国になったわけですが、戦争が終わることを願っていた

気持は同じだったのではないかと思います。  200万人以上が犠牲

になった訳です。 繰り返してはいけないと思いました。

 

今日は、河瀬満のお二人を見送りに空港に行きました。 長いようで

短い滞在だったと感じます。 NYで色々なものを見て帰られました。

NYでもきものファンがいることを日本で伝えて欲しいと思います。

 

ところで、航空会社によって違いはあるようですが、今日の会社は、

機械でチェックインし、荷物を預けるのはカウンターになっていました。

 

混んでいなかったのでよかったのですが、機械の前で戸惑う人多数・・

使う側のお客様の気持よりも会社側の効率が重視されている様子も

最初は感じます。

 

しかしながら人的なサービスも決して高いように見えないので、この

機械化も最良の方法なのかと、人種の多い国の基準を感じました。

 

今週は、新しい教室の開講、通常の授業と平常に戻ります。 華かに

展示していた帯やきものも明日には日本に向けて発送です。

2010.8.14 14:40:06 未分類

 

数週間前の猛暑はどこへ・・というくらい急に朝夕が涼しくなりました。

町のショーウィンドウは秋のファッションにかわっています。

 

昔、ヨットハーバーに勤めていた頃、お盆を過ぎたころからお客さんが

少しずつ減って行くことで、季節の移り変わりを感じたものです。

 

小さな漁港が隣接していたので、静かな漁師町にもどって行く情景を

思い出しました。

 

そう言えば日本はお盆、アメリカでは、この時期にご先祖に感謝する

というような決まった習慣はないようですが、この気持は何処に

居ても忘れずにいたいと思っています。 

 

さて、2週間続いた河瀬満織物のセミナーが昨日で終了しました。

松本さん、原田さん本当にありがとうございました。 かなりNY生活に

慣れてきたようで、楽しくなってきた頃に帰国とは・・と言っていました。

 

修了生と先生と一緒にきものでお出かけです。

 

NYの町で・・・

 

本日、修了生の授業、きものおしゃれ塾がありました。 上級のおしゃれを学ばれています。

 

 

2期生の清水石さん、夏のきものでそのままお帰りになりました。

2010.8.8 7:18:30 未分類

 

これでもか・・と思うほど大勢の人たちがNY にきている様に感じます。

タイムズスクエアは、昼夜関係ない眠らない町です。

 

人々が立ち止まる場所が多いと感じます。 大きなビルボードには、

そのまま正面に立っている人たちを映し出し、立ち止まらせることで、

店の宣伝をしています。

 

ここに立ったら何が見えるかなど、滞在率を上げることでの広告効果を

狙っています。 毎日通りますが、その変化と工夫にはいつ

驚きます。

 

Police も人を集めます。

 


人だかりです。

 

眠らない町の夕暮れ

 

さて、8月開講のきもの教室は、来週の12日が応募締め切りです。

  


 www.kimonostyle.net   ⇒ Entry Form で申込みできます。

 

あなたもNYできものを習ってみませんか。 自分で着られるように

なりますよ。

 

 

 

日本和装のイメージキャラクター観月ありさ さん日本のお昼のTV

番組”笑っていいとも”に出演されたそうです。

2010.8.3 18:19:16 未分類

 

アメリカ経済の回復には、時間が掛かるとの見方もあるようです。

失業率に改善が見られないことは、 企業が雇用に慎重になっており、

一つの指標なのだと思います。

 

真価が問われる時だと1年前よりも強く感じています。 先日、東京本社

では、半期決算短信の発表を行っています。 ココ 

 

きもの業界自体は低迷しておりますが、当グループではきものファンが

増えてきたお陰で順調です。

 

さて、河瀬満織物のセミナーはとても好評です。 少しでも多くの方に

物作りの素晴らしさをお伝えできればと思っています。

 

きものセミナーの様子

 

生地を一枚一枚丁寧に説明する松本さん

 

あと10日ほど開催しています。 

 

~NYの風景~

久しぶりにブルックリンブリッジを渡ってみました。 夕暮れで町に灯りが

ともり、雰囲気が変わります。

 

ブルックリンブリッジ 1883年完成

 

2010年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031