藤井 健太郎
NIHONWASOU USA, INC.
President
(取締役)

[生年月日]
 1965年7月31日
[出身地]
 名古屋市
[学歴]
 長崎総合科学大学
 船舶工学科 卒業
[好きな食べ物]
 カレーライス
[好きな音楽]
 Jazz(NYでは時々見に行きます)
[好きな車]
 ムスタング
[歴史上、日本の為に
 貢献したと思う日本人]
 ジョン万次郎
[自分で思う自分の性格]
 頑固であきらめがわるい

kimono newyork

kimono vietnam

日本和装

Yoshida's Blog

きもの姿専門モデルプロダクション「メインステージ」



2011.2.22 19:38:41 未分類

さて、兼行先生の一時帰国でお休みとなっていた教室も今日からフル

稼働。 4回目の授業から再開です。 2週間ほど空いて少し忘れて

しまった人も、すぐ思い出しますのでご心配なく。

 

懇親会でした。 もう皆さんかなり仲良しです。

 

今日は、第12期の募集広告の原稿のチェックと入稿です。 今回は

より分かりやすく日本和装の教室を説明しています。 週刊NY生活と

NYジャピオンに掲載します。 

 

とにかく、先生の日程を調整し、少しでも多く教室を開講できればと

思っています。 

 

日曜日は、70St にある Frick Collection を見に行ってきました。

人からのおすすめもあり、一度行ってみたいと思っていました。

 

元の邸宅をそのままミュージアムとして開放しているのですが、

素晴らしい展示品の数々でした。 本当に大きなお屋敷です。

 

家の中に噴水のある天井の高い広場があり、くつろぎの場所となって

いました。 家具なども当時に使用されていたものなのでしょう。 ゆとり

ある雰囲気で、インテリアや空間の使い方など勉強になりました。

 

オランダ人の画家、レンブラントのデッサンを多数見ることができ

大変いい刺激を受けました。 ペン一本でとても細かく表現されており、

芸術の奥深さを感じました。

  

Frick Collection 入り口  

 

帰りに、3AVEでJohnny Rockets というハンバーガ屋を見つけたので、

20年ぶりに入ってみました。 以前はカリフォルニアでしたが、当時は

こんな店にアメリカの雰囲気を感じたものです。 変わらない味でした。

 

 

~NYの風景~

ルーズベルトアイランドまでのロープウェイ  

2011.2.19 13:47:06 未分類

日本では、春の無料きもの教室が、一斉に開講しています。 まだ応募

できるクラスもありますので、日本にお住まいのご友人にも

ご紹介ください。 www.wasou.com

 

NYの最初の専任講師として赴任していた永利紀美子先生の最近の

NEWSがウェブに掲載されていましたのでご紹介します。

 

外国の要人の公式訪問時の外務省の文化プログラムに協力された

とのことでした。 詳細は ココ 元気に頑張っておられます。

 

先日2月17日は東京にてグループの決算説明会も行われ、過去

最多の参加者だったとのことです。 決算短信もUPされていますが、

決算説明会資料が分かりやすいので、ご覧ください。 ココ

 

20代、30代の働く女性の皆さんのきものに対する意識と需要が

拡大しているようです。文化に対する意識も向上していると感じます。

 

本日、19日の夕方、兼行先生が日本での短期間の任務を終え

NYに戻られます。 授業は少しお休みしていましたが、来週から

フル稼働となりますので楽しみにしていてください。

 

一昨日、修了生の長谷川さんがきもの姿で事務所に来てくれました。

とても気に入ってお買い求めいただいたきものと帯です。

 

修了生の長谷川さん。 いつも応援いただきありがとうございます。

2011.2.16 16:50:13 未分類

NYには、日本の伝統技術や文化を世界に広めようと考える人たちが

数多くいると感じます。

 

今日はご縁あって、和菓子メーカーの方、扇子のメーカーの方に

お会いする機会がありました。 素晴らしい技術を持っていながら、

それが世間に知れ渡っていないことを感じます。

 

日本独自の技術や文化を外国で紹介しようという試みに対しては、

将来のことも考え国をあげて応援すべきではないかと思います。 

 

きものの世界も教えて伝えなければ今よりもっと衰退してしまうと

思うと、このNYに拠点を持っていることは大変意義深いことだと

改めて思っています。

 

気が付けばNYに着てまる3年が過ぎました。  ちょうどそんな昨日、

新聞の取材がありました。 このお陰で10年前を振り返ることができ

ました。

 

取材の様子。

 

時は2000年、世紀末と言われたあの時期、東京の日本和装に勤め

4年が過ぎていました。

 

東京は常設教室が増え、全国の拠点も九州、関西に加え広島、

北海道、名古屋と全国規模になっていました。

 

私は、東京エリアの責任者として、東西南北に拠点を広げる計画を実行

し始めた年でした。 その皮切りが、横浜だったことを覚えています。

 

先月の帰国の際に、新しくなった横浜の事務所に少しだけ立ち寄った

のですが、考えてみれば10年目だったんですね。 少し懐かしい

話でした。 

 

ところで、3月3日は桃の節句、日本和装の事務所も雛人形を飾って

います。 最近来られていない修了生の皆さん、時々は顔を出して

くださいね。

 

京都の加盟店の方よりいただきました。 感謝!

 

【NEWS】

1. 2月24日より、第12期の「きもの教室」受講者募集開始!

 

2. 京都の老舗 「河瀬満織物」のきもの帯の展示会

   3月6日(日)    2:00-5:00

   3月11日(金) 10:00-1:00   2:00-5:00

   3月3日(木)      1:00-4:00

   NIHONWASOU USA, INC.ショールームにて

 

3. 鼻緒の挿げ替え、かかと直しのサービスを開始。

 

上記に関するお問い合わせは Phone 212-869-05005

2011.2.10 11:19:49 未分類

NYではおなじみとなりました河瀬満織物が、2月27日より日本和装の

ショールームにやってきます!

 

この織屋さんは、なんと文政4年、1821年に初代 河瀬長兵衛氏が

起業し、現在は5代目の河瀬仁志社長が受け継いでおり、その歴史

190年以上のまさに老舗です。 

 

京都府から・「京の老舗」に認定されています。

 

日本でも人気のメーカーで、歴史もありながら、遊び心のある帯も

多数製造しています。 期間中は修了生や一般の方向けにも商品を

ご覧いただけるようにいたします。 ご期待ください!

  

さて、年末にLong Island Cityという町に引越したのですが、

マンハッタンがきれいに見えるとても素敵な町です。 気に入って

います。

 

近くには、Queensboro BridgeやSilvercup Studioもあり、引越し

してから初めてゆっくりと近所を歩いてみました。

 

Silvercup Studio

 

Queensboro Bridge (Since 1909)

   

そういえばこの町は、第2期目の募集広告で、きものモデルを使って

撮影をした場所でもあり、思い出があります。

 

有名なPEPSHIの看板。 裏側ですけど

 

教室は現在、先生が一時帰国のため、お休みですが、月末より、

修了生が参加できるランクアップ教室開催のお知らせを出して

います。 ご応募お待ちしています。

  

2011.2.3 19:51:40 未分類

昨年末にNYに来られた博多織物の酒井理事長の記事がChopstics

に掲載されています。 博多織物は西陣ほどの大産地ではありま

せんが、博多ならではのこだわりもあり、ファンも多いです。

 

Chopsticks NY Feb. 2011

 

デジタル版でご覧いただけますので、ココをクリックしてください。

 

さて、今日は午前クラス、午後は講師養成講座のMake UP、夜間

クラスとフル稼働です。

 

時間の合間に懐かしい修了生がこられたり、当社で作られたきものを

ピックアップに来られたりと賑やかな一日でした。

 

先生は夜間クラスの第3回目の授業の真っ只中です。 今日は朝から

先生はずーっとしゃべっています。 熱心な指導の姿勢には頭が

下がります。

 

木曜午前クラス。小島さん、高橋さんのお二人

  

こんな感じで教室はほぼ火曜日~土曜日まで一つも空くことなく

進んでいます。

 

修了生より、アドバンスコースの問い合わせも入っておりますが、

現在計画中ですのでもう少しお待ちください。

 

~NYの風景~

雪のNY、同じ場所でも少し違った感じに映ります。

 

Manhattanにて

2011.2.2 15:05:32 未分類

昨日、昨年から開講している第10期の教室が14回目を終えました。

残すところ修了記念パーティーのみです。 夜間のクラスでしたが、

大変結束も強く、良い仲間と出会えたとのことでした。

 

火曜日夜間クラスの皆さん

 

実技テストでは、7分台で着られた方が2名いたとのことで、先生から

「よく頑張ったね!」とお褒めの言葉でした。

2011年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  
 essay service