藤井 健太郎
NIHONWASOU USA, INC.
President
(取締役)

[生年月日]
 1965年7月31日
[出身地]
 名古屋市
[学歴]
 長崎総合科学大学
 船舶工学科 卒業
[好きな食べ物]
 カレーライス
[好きな音楽]
 Jazz(NYでは時々見に行きます)
[好きな車]
 ムスタング
[歴史上、日本の為に
 貢献したと思う日本人]
 ジョン万次郎
[自分で思う自分の性格]
 頑固であきらめがわるい

kimono newyork

kimono vietnam

日本和装

Yoshida's Blog

きもの姿専門モデルプロダクション「メインステージ」



2016.1.22 2:52:33 未分類

ZIPANGU提携工場のWalter P. Saure はBrooklyn, Green Pointにあります。その昔は名前が物語っていますが、農耕地だったとのこととです。ポーランド人の移民が住んでいる地域としても有名です。

 

Gトレインの駅

 

マンハッタンからは橋を渡ればすぐの好立地で、農耕地から工業地に変わり、多くの工場が立ち並び、NYの経済と発展を支えてきたとのことです。

 

その一つである、REVITONという電機機器工場があった跡地に工場があります。現在はこの地域の製造業は減りましたが、アートギャラリー、倉庫、レストラン、アパートなどで人気のエリアとなっています。

 

REVITONの看板

 

看板は当時のままで、運営に支障がない限りあまり余計な手を加ないアメリカらしさを感じます。

 

場所によっては、ガラスも割れていて本当に営業をしてるのか?と疑いたくなる所もありますが、これもこの国のスタイルで、歴史を感じます。

 

朝からミーティングです

 

ここで製造される家具は、ベニア(Veneer)を使用した高級家具ですが、日本でベニアといえば合板(Plywood)を意味することが多いので少し混同します。

 

ベニアの在庫

 

ベニアは丸太を数ミリの薄さにスライスしたもので、木の種類によっては木目が綺麗にうかび上がり、節などもユニークに見えます。木目の少ないものは自然な高級感を表現できます。

 

これを合板に綺麗にデザインもしながら貼り付け、表面を塗装して鏡面に磨いたものがここで作られているものです。

 

現在製造中のベニアのランプスタンンドのベース

 

こんな作品も。

 

木の家具といえば無垢の木を使ったイメージを受けることも多いのですが、このベニアの技術は、木目の自然の美しさを表現する一つの技法でもあります。

 

W P. Sauerは、ヨーロッパからこの技術を持ち込み、NYの富裕層をターゲットに130年近く製造を続けている大変希少な工場なのです。

 

今年は年始より、家具やインテリアデザインのプロが来訪しており、ローカルで製造できる技術に興味を示し始めたように感じています。

 

工場見学、ショールーム見学をご希望の場合は、z@zipangunyc.com or 212-869-0500にご連絡ください。

 

さて、日本では春の無料きもの着付教室の受講者募集が始まりました。今回は木村拓哉さんをCMに起用し、男性にも着物を広めようとの試みです。

 

NYではことある度に着物で出かけるのですが、なかなか注目されない状態ですが、今年もめげずに出かけていきます。

 

ロンドンのちえりんも色々な場所でお出かけのようです。ちえりんは注目を集めています。

 

望の新とんこつラーメン、博多らーめんよかろう門が開店しました。千代田線の赤坂駅0分の好立地、850円の昼らーセットは開店早々超人気のメニューとのことです。

 

japan-ramen.jp

 

夜は、博多やきとりよかろう門で、串焼きともつ鍋が楽しめ、博多の味が昼夜ダブルヘッダーで楽しめます。

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031