藤井 健太郎
NIHONWASOU USA, INC.
President
(取締役)

[生年月日]
 1965年7月31日
[出身地]
 名古屋市
[学歴]
 長崎総合科学大学
 船舶工学科 卒業
[好きな食べ物]
 カレーライス
[好きな音楽]
 Jazz(NYでは時々見に行きます)
[好きな車]
 ムスタング
[歴史上、日本の為に
 貢献したと思う日本人]
 ジョン万次郎
[自分で思う自分の性格]
 頑固であきらめがわるい

kimono newyork

kimono vietnam

日本和装

Yoshida's Blog

きもの姿専門モデルプロダクション「メインステージ」



2016.4.27 23:31:15 未分類

先日、友人に誘われてMomosanというラーメン屋に行きました。ラーメン店が次々にできるマンハッタンですので興味深々でした。

 

バーのイメージです。

 

このお店、あの有名なレストランMorimotoが運営をしており、金曜の夜で約1時間待ちの状況でした。有名だけでない工夫と努力があるのだと思いました。

 

オーナーもお店に出ていたので、スタッフも緊張感の中に明るくテキパキとした対応でした。

 

想像したよりあっさりトンコツで美味しかったです。

 

トンコツが濃ければビールとも言いたくなりますが、お酒で行けました。お酒ならお腹もそれほど一杯にならないので、ついついつまみも注文してしまいラーメンのつもりが居酒屋に来ているようでした。

 

NYのレストラン事情を熟知しての出店という感じを受け、私の知る限り大きな前宣伝もなく開店すれば人が集まってくるという印象でした。

 

さて、ZIPANGUにはデザインや建築関係者だけでなく、最近オークション関係者の来訪がありました。アート作品としても興味を持たれています。

 

映像も見せながら説明。

 

その他、NYの家具職人が作る和食の懐石プレートと箸置きなども製造しており、持ちうる技術とアイディアを形にしています。

 

料理研究家のアイディアも取り入れています。

 

また、来月発表のフロアランプは、少し時間が掛かりましたが、家具の木工技術、帯生地、着物生地のコラボによる作品となります。

 

ランプシェイドに着物の生地を使用します。

 

日本の生地や素材は、信頼ができ品質も高いので、有名ブランドも含めアパレル業界でもかなりのシェアで使用されているようです。

 

先日ある方がお話をしていましたが、日本は鉄道が時間通りに来る国で、海外のビジネスにおいてもこの時間通りというのが大きな信頼に繋がっているということでした。

 

最近、NYで着物を着てパーティーやイベントにという方の問い合わせが時々入り、当社もお手伝いする機会が増えてきましたので、少し積極的に告知を開始したいと思います。

 

少しでも多くの方にこのNYで気軽に着物を着てもらうお手伝いができればと思います。海外にて日本の良さも感じてもらいたいです。

 

日系の新聞社と着物イベントのミーティング。

 

さて、明日、明後日は、ZIPANGUの作品のプロモーション用の撮影を行います。

2016.4.14 1:05:17 未分類

毎月恒例となってきたHappy Hour@ZIPANGU。当社のショールームと作品の紹介を行っています。

 

今月は、帯地を使用した、クラッチバッグ “Z’ Byrsa Obi”(ギリシャ語)の紹介をしています。このクラッチバッグ、もともとは私の知人の発案です。

 

10種類のZ’ Byrsa Obiを展示中。

 

帯は、家具にしてしまうと手で触れる機会がないので、触ってもらうことができないかと考えていた時に出てきたアイディアです。

 

実際のデザインはNYのバッグや帽子のデザイナー、金具はNYのジュエリーデザイナーに鋳造で作ってもらっています。

 

ZIPANGU ロゴ

 

NYでタッセルを探したのですが、良いものが見つけられず、京都の組紐屋にお願いしてオリジナルで作ってもらいました。まさに日米のコラボです。

 

京都組紐屋のブラックシルクタッセル(写真商品は売約済)

 

さて、このHappy Hourでは今回、Amazake (甘酒)を振舞っています。最近は飲む点滴とも言われるほどで、体にも良く日本のみならず海外でも人気です。

 

Amazake product by Tomoko

 

友人の日本好きのスティーブも来てくれました。彼は最近、日本の文化を自宅の和室を使って、積極的に紹介しています。今回は甘酒も楽しみにしてくれていたようです。

 

スティーブはいつも作務衣姿です。

 

今回は、このイベントに合わせて京都のとなみ織物から帯を送ってもらいました。家具工場のオーナーでデザイナーのAnthony Morrisと選んだ帯です。

 

和室に並ぶとなみ帯(皆さんの協力で無事到着。汗)

 

これらの帯は、家具に使うことを視野に入れており、スクリーンやベッドボードなどに使用を考えています。

 

来場者からはとても良い意見をいただいています。帯が素晴らしいことは理解をしてもらっていますが、これをどう使うかで更にその魅力が引き出せると考えています。

 

さて、昨日はご注文いただいていた畳の納品がありお客様のご自宅に伺いました。洋風の空間に和のテイストを入れることで、また雰囲気の違った落ち着いた部屋になりました。

 

市松に敷き詰めました。

 

この畳はSEKISUIが、出雲の工場で製造しており、繊維から研究開発をした新しい畳です。色も40色以上と、薄くて軽くて劣化にも強く、ZIPANGUで昨年より取り扱いをしています。

 

今回のお納めした商品はZENシリーズという新しい畳で、紺と濃緑を選ばれたお客様はとてもお洒落な感性をお持ちです。喜んでいただけたことが何よりでした。

 

さて、ブライアントパークはスケートリンクからグリーンの芝に変わりました。春から夏に向けて季節が動き出しています。

 

@ブライアントパーク

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930