藤井 健太郎
NIHONWASOU USA, INC.
President
(取締役)

[生年月日]
 1965年7月31日
[出身地]
 名古屋市
[学歴]
 長崎総合科学大学
 船舶工学科 卒業
[好きな食べ物]
 カレーライス
[好きな音楽]
 Jazz(NYでは時々見に行きます)
[好きな車]
 ムスタング
[歴史上、日本の為に
 貢献したと思う日本人]
 ジョン万次郎
[自分で思う自分の性格]
 頑固であきらめがわるい

kimono newyork

kimono vietnam

日本和装

Yoshida's Blog

きもの姿専門モデルプロダクション「メインステージ」



2009.10.8 7:45:07 未分類

 

セミナー、イベントとが連日続いています。 今回は染がテーマで

やはり、ご自分で日本の染の技法を体験してもらうことは、伝統

技術を皆さんに知っていただくためにも必要なことだと感じます。

 

先日は、型友禅の体験を行いました。 ランチョンマットに2枚の型を

使って模様を染めるのですが、皆さん真剣そのものでした。 きものに

するためには、これを13mも染めるのだから本当にすごいですね。

 

型染めの刷毛(鹿の毛なんです)

 

型をランチョンマットの染めたい場所にあわせます。

 

2枚の型で花が染め上がりました。

 

型染のきもので凄いものは、1箇所に何十枚もの型紙を使って染め

上げられることです。 

 

模様を考える人、型を彫る人、染める人と この世界もしっかりと

分業で、それぞれのプロフェッショナルがこの技術を守り続けて

いるのです。

 

今回は、型友禅、墨流し、藍染の3種類を皆さんに紹介しています。

 

 

ランクアップ教室では藍染の体験が行われています。 簡単な絞りの

技法を楽しんでもらっています。 それぞれができ上がったハンカチを

持って記念撮影。 室木社長もすっかりNYになじんだ様子です。

 

火曜日午前クラス、ランクアップでがんばっています

 

この藍染ですが、色の薄い濃いで色の呼び方が違うのも面白い

ですね。 今回、NYに来ている反物で水色が僅かに染められた一番

薄い色は、瓶覗き(かめのぞき)色と呼ばれています。

 

~Kimono New York~

Interior Design の10月号にHakama Chairが紹介

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930