藤井 健太郎
NIHONWASOU USA, INC.
President
(取締役)

[生年月日]
 1965年7月31日
[出身地]
 名古屋市
[学歴]
 長崎総合科学大学
 船舶工学科 卒業
[好きな食べ物]
 カレーライス
[好きな音楽]
 Jazz(NYでは時々見に行きます)
[好きな車]
 ムスタング
[歴史上、日本の為に
 貢献したと思う日本人]
 ジョン万次郎
[自分で思う自分の性格]
 頑固であきらめがわるい

kimono newyork

kimono vietnam

日本和装

Yoshida's Blog

きもの姿専門モデルプロダクション「メインステージ」



2016.11.16 13:47:25 未分類

急に寒くなり10℃を下回る日も時々ある東京です。帰国して5ヶ月が経過し、赤坂暮らしも慣れてきました。赤坂・六本木・丸の内界隈で黄色い自転車に赤いジャンバー姿は多分私です。

 

最近は顔見知りも増え、お店(博多やきとりよかろう門)もご利用いただけるようになり地域ならではのコミュニケーションを感じています。

 

しかしもつ鍋は大人気です。寒くなれば尚更で、最近ではほとんどの方にご注文いただいています。

 

醤油ベースのスープに牛の柔らかいモツを使用。

 

NYでももつ鍋の店はありましたが、やはり日本で食べるもつ鍋は絶品ですね。当店では月間のご来店数が約1500人、内外国人のお客様が約200名で海外の方にも人気が出てきました。

 

食習慣の違いでモツがどうしても食べられないという外国人のお客様には、豚バラ鍋に変えてお出しするなど、元々あった良いアイディアも生かされています。

 

さて、アメリカを離れている間に大統領選は終了。トランプ次期大統領を選んだアメリカは新しい何かを期待しているのだと思いました。大統領選の様子は、ネットで実況配信されていましたので、その瞬間を見ることができました。

 

当確のトランプ氏の演説。

 

トランプ氏が日本食が好きなことを願うばかりです。Ramen、Yakitoriなど言葉に出してくれるといいですね。数ヶ月前にNYから来た知人は、大統領はトランプ氏になるでしょうと言っていたことを思い出しました。

 

よかろう門の話に戻りますが、小さなレストランで一番大切なのは資金繰りです。極端な話し、日々の支払いも売上げの良し悪しで決まってきます。

 

特に当店の悩みは、クレジットカード決済の多さでした。15日〆30日払い、30日〆15日払いと最長1ヶ月近い期間資金が回らないのです。月の売り上げの三分の一はクレジット決済の当社には大変苦しい状況でした。

 

アメリカのシステムでは悪くて翌々日入金で、既に日本にもあるスクエアなどは速いと聞いましたが、当店では以前に検討し断念したようでした。

 

しかし、悩んで考えているところには何かあるものです。日本にも素晴らしいシステムがありました。楽天グループの楽天スマートペイが今考えられる一番理想的なものでした。

 

カード決済後は楽天銀行に口座を開設すれば土日祝も関係なく翌日入金、預け入れ、引き出しも各種コンビニ、銀行のATMでできます。端末もワイヤレスで決済も速く今の所何も問題ありません。

 

カードサイズの端末とコンパクトなプリンター。

 

昨日の売り上げがタイムリーに楽天銀行に入金され、グループどうしなので、手数料は無料と資金繰りは一気に改善されました。あとは相応の売上げができれば店自体は安定すると考えています。

 

最近では、店長、副店長が中心となり、業者との取引の見直しも始めたので、同じ労働時間で効率が上がると見込んでいます。良い方向に進み始めたと感じています。

 

今晩0:00解禁のボジョレーヌーボーもご用意してお待ちしていますので、ぜひご来店ください。

 

11月17・18・20日の3日間限定です。

 

数量限定でご用意しています。

 

先日久しぶりに着物を着る機会がありました。新宿のハイアットリージェンシーで開催された”大サムライ会”私も侍として参加しました。100名近い男着物姿が一堂に会しとても良い機会となりました。

 

私は、久しぶりに兄貴と記念撮影です。オリンピックに向けて何か日本の役に立つことができればと思っています。

 

都庁広場にて。

 

では今日も行ってきます。

2016.10.4 13:35:47 未分類

帰国して3ヶ月が過ぎました。レストランの時間に体も慣れ日中よりも夜が充実している今日この頃です。お陰でお客様とも少しづつ距離が縮まってきた気がします。

 

さて、当店は、昼が”博多らーめんよかろう門”、夜は”博多やきとりよかろう門”と同じ会社で2店舗の運営をしています。

 

社長になる随分前にこのレストランの話を聞いた時、昼夜で店長が変わるのはとても面白いと感じました。

 

現在では、昼のお客様、夜のお客様、昼夜のお客様と地域に受け入れられ始めました。

 

 

お昼はらーめんの看板です。

 

ラーメンは悪戦苦闘の連続です。地下のお店なので、数週間曜日を変えて店の前で観察しました。

 

以前はらーめんの暖簾を揚げていなかったので、地下行きの階段を見て断念する人も多く、何か方法がないかと考えての暖簾です。

 

本日より暖簾がつきましたので、さらにお客様に受け入れられればと願っています。

 

肝心のラーメンですが、あっさりとんこつ味ですが、材料にもこだわりがあり、700円/杯とは思えない味に仕上がっています。

 

アメリカ進出を視野に開発したお気入りラーメン。

 

Yokaroumon USAの進出をきっかけに、世界へ食と日本の伝統を伝える壮大なビジョンを描いてスタッフ一同取り組んでいます。どうか応援してください。

 

夜のやきとり屋では、毎月のオススメメニュー10月が昨日よりスタートしました。当店は、やきとりのみでなく、料亭で修行を積んだ料理人もいるので、実はおつまみメニューや鮮魚なども絶品です。

 

炙りサーモンの棒寿司

 

岩中豚(イワチュウ)のステーキ

 

10月のオススメメニュー

 

会社の経営は、毎日の売上管理、資金繰り、健康管理の日々です。私は、アルバイトに至るまで、状況は伝えるように努めています。小さな店なので、これが当たり前だと思っています。

 

社内から良い意見が聞けるのもこちらの姿勢次第だと思っています。一昨日は、メニューの改訂も行い、現在新メニューでお客様をお迎えしています。

 

ところで、最近の赤坂はお祭りで賑わいました。

 

 

氷川祭

 

都会のど真ん中にありながら、歴史の背景より古いものが継承されています。先日の氷川祭の神輿の様子です。

 

松平健さんも徳川吉宗姿で白馬に乗って行列を盛り上げていました。

 

今日も今から打ち合わせと開店の準備です。食欲の秋ですので、美味しいものをみなさまに食べていただき心豊かに過ごしてもらいたいと思っています。

2016.9.9 17:04:25 未分類

私が店主を務める、東京赤坂通りの”博多やきとりよかろう門”は、TBSテレビのすぐそばにお店があります。39席で大きくはないですが、元気な店です。

 

元々のオーナーより経営を引き継ぎ一年が経過しました。もちろんオーナーは前も今も博多出身ですので、博多の人が来店されても博多の味を楽しんでもらえます。

 

飲食業新人の私にとっては、一つ一つが新しいことだらけで、アルバイトの若い先輩スタッフに色々と教えてもらいながらの2ヶ月でした。

 

スタッフ同士の連絡はLINEを使っており、ある時 “・・・・デシャップの上の用紙が無くなった・・・”といったやり取りがありました。デシャップ?全く会話についていけない私でした。汗

 

調べたらDish upのことで、厨房とホールをつなぐできあがった料理を出す場所だったんです。レストランに勤めたことがある人なら誰でもわかる常識ですね。笑

 

当店のデシャップ(Dish up)

 

さて、当店の博多料理ですが、やきとりをメインとし、もつ鍋、明太子などのおつまみメニューで構成されています。

 

やきとり言いながら、博多では、鳥だけじゃなく豚肉、牛肉、海鮮まで何でも焼きます。正確には串焼きなのかもしれません。

 

山盛りの生のキャベツと一緒に串を抜かずに食べるのが一番美味しい食べ方です。毎日丁寧に串打ちをして、開店をむかえています。

 

豚バラの仕込み。当店で一番人気の串です。

 

豚バラ・四つ身・せせり。

 

銀杏も美味しいですね。

 

カウンター席10、7テーブル29席で貸切も可。

 

赤坂は住んでみるととても便利な街です。どこに行くにもアクセスが良くこの小さなエリアに必要なものは何でも揃っています。

 

生活のサイクルは昼より夜型になったと言いたいところですが、昼は昼で、細かな事務仕事、資金繰り、売上の分析など規模相応の仕事があると経営を楽しみながら日々を過ごしています。

 

今月の目標は、質の向上です。折角の美味い料理とお酒を楽しんでもらう工夫をスタッフ一丸となって考えています。

 

昨日、思いがけず名古屋の父が上京しました。六本木で会合があるとのこと、夕方に会うことにしました。偶然にも赤坂の自宅マンションから6分の場所でした。折角なので店も見てもらいました。

 

父、スタッフの弘子さん、私で記念撮影。

 

東京駅で軽く食事をし、見送りました。NY滞在中は何年も会わないこともありましたが、帰国している時くらいは会うようにしようと思いました。なかなか親孝行らしいことはできないといつも感じています。

 

さあ、今日もまもなく開店です。20名のご予約をいただいています。

2016.8.28 15:05:55 未分類

しばらくお休みしていたブログを再開します。6/29にNYから日本に帰国し、2カ月が経過します。思えばNYに再渡航し、2年以上が経過していました。

 

現在、東京赤坂通りの”博多やきとりよかろう門”を運営する株式会社ニッキの代表取締役に就任し、やきとり屋店主として奮闘中です。やきとりは焼けません。笑

 

この会社、社員4名、明るく元気なアルバイトの皆さん5名で運営しています。

 

久しぶりに日本の法人に登記されました。

 

登記手続などは、以前に経験があったものの、かなり昔だったので、法務局に聞きながら進めていきました。

 

名義や名称が変われば、銀行口座、社会保険、雇用保険なども全て変更が必要になり、取引銀行、年金事務所、職安にもせっせと足を運びました。改めて会社の成り立ちが分かる良い機会となりました。

 

幸いにも住居が、お店と同じ赤坂でとても便利なところなので、移動は自転車と決め、赤坂の町を風を切って走っています。

 

私は度々の帰国の際に、一度もアパートを自分で探したことがありません。私の性格や行動をよく知った兄貴に一任しています。今回もパーフェクトでした。感謝

 

愛車です。オーナーの美保さんから譲ってもらいました。

 

自宅から法務局までは15分、日本和装の本社がある丸の内には25分、銀座までは30分です。今まで電車か車でしか移動しなかったところを日常的に動いています。

 

自転車でしか見えない目線を感じており、意外にビジネスで自転車を活用する人は多いと感じる今日この頃です。最近は自転車の飲酒運転で捕まると聞いたのは少しびっくりでした。

 

さて、お店は39席の博多やきとりと博多郷土料理を振る舞うリピーターの多いお店です。お店の様子は後々書いていきます。

 

赤坂通りの一際目立つ入り口。

 

港区赤坂5-4-14 トレード赤坂ビルB1F *オフィス北野のビルの地下

博多やきとりよかろう門
営業時間、月〜金(18:00-3:00)、日祝(17:00-1:00)土休

 

ランチのみ”博多らーめんよかろう門”として営業しています。
営業時間、月〜金(11:00-14:00)、土(11:00-16:00)日祝休

 

今回の帰国は、このレストランをNYにも出店し、既に多数の企業や個人が日本食の海外進出している中ですが、食だけではなく日本を広く伝えるという将来のビジョンを描いてのことです。

 

今までグループで培った、着物事業、インテリア・家具などのノウハウもフルに活用し海外進出したいと考えています。

 

NYのZIPANGUショールームについては、メンバーが居ますので、御用の際は、z@zipangunyc.comか212-869-0500(英語のみ)にお電話ください。

 

今年の誕生日はお店で皆さんにお祝いしてもらいました。51際です。

 

辛子入りのシュークリームにヒット。今年は当たる!

2016.6.26 5:59:11 未分類

Scott BroganはZIPANGUのパートナーの一人で、長年木材の卸売をしている木のプロフェッショナルです。冗談も絶えずいつも場の雰囲気を盛り上げてくれます。

 

6/23はスコット主体の美しいベニアを紹介するイベントを開催しました。20名ほどの来場で、専門家も熱心に材料を見ていました。高級家具には欠かせない材料の一つです。

 

Scott Broganが熱く語る。

 

ベニアの数々。

 

スコットが選んだケータリングも好評でした。

 

このベニアを使って美しい家具を作るのが当社の提携工場のWalter P. Sauerです。スコットとは30年近く取引があり、堅い信頼で繋がっています。

 

最近は、日本の着物の生地メーカーも海外進出に熱心で、何か違う用途で使用できないかと模索中のようです。

 

先日、縁あってその中の一社の生地を納めました。紬地ですがとても丈夫と評判で色も鮮やかなブルーです。高級枕カバーやベットルーム内のインテリア素材としてに使う予定です。

 

鮮やかなブルーです。

 

最近は再び高級品が注目されているようです。金属、石、ガラスなどの無機質なものよりも、木を使った自然な色合いや温かさ、ビニールや合皮とは違った自然の生地などに心を動かす人も多いようです。

 

ZIPANGUのコンセプトは素材にこだわり、伝統を受け継ぐ技術を使い、西洋と東洋が融合する作品を創出することです。

 

この秋にはまた新しい作品の数々を発表する予定です。

 

NYでは夏に向けて各所でイベント三昧です。先日は、知人が日本の神道の結婚式を行うとのことで、参加さえてもらいました。

 

NYのど真ん中で白無垢と黒紋付の婚礼行列。

 

この姿にはニューヨーカーもびっくりという感じでした。結婚式は福岡の神社から来られた神主さんによるもので、笛と笙の音色が日本を思い出させてくれました。

 

結婚式を見届けつつ、お二人の末長い幸せを皆で祈りました。

 

着物の着せつけやヘアメイクを行う当社のブランドKimono New Yorkでは、浴衣の着方とヘアスタイルのイベントを開催しました。

 

終了後、タイムズスクエアに・・

 

とても喜んでいただけたようです。

 

夏も本番、これから更に盛り上がってくるNYです。

2016.5.24 2:44:21 未分類

5/20、週刊NY生活主催のBEAUTY EXPOが開催されました。当社は和装を通じて美を提供するサービスとして出展しました。

 

イベント案内

 

250名以上の来場があったとのことで、スキンケアやマッサージ、食など各ブースで興味深いアイテムが紹介されていました。

 

当社は、以前の家具ブランドKimono New Yorkを着物レンタル、着せ付け、ヘア&メイクの新サービスを行うためのブランドに改め紹介を開始しました。

 

Kimono New Yorkのフライヤー

 

会場では、事前にお申し込みいただいた方への着せ付けとヘアセットサービス、提携しているメンバーの甘酒販売などを行い、当社のサービスを紹介しました。

 

Kimono New York ブース

 

手作り甘酒の紹介。

 

国際結婚をしているカップルも多く、NYでアメリカ人のご主人と着物姿の写真を撮りたいとの声が多かったことが収穫でした。写真撮影も含め承ります。

info@kimononewyork.com or 212-869-8700

 

Kimono & Hair Make Up ArtistのNAOが着物に合うヘアを紹介。

 

New Yorkはお天気のよい素晴らしい週末となりました。年中観光客も多く賑わいや話題が絶えないNYです。

 

 

 

Bryant Parkの週末風景。

 

Blue Bottle Coffeeも人気です。

 

さて、ZIPANGUでは明日3:00pmより、提携工場のWalter P. Sauerにて工場見学の最終回を開催します。ブルックリングリーンポイントの工場で、アメリカの高級家具の製造現場をご覧いただけます。

 

詳細はこちら ここ

2016.5.19 0:25:19 未分類

創業130年のZIPANGU提携工場のWalter P. Sauerでは、初めて一般向けの工場見学を行いました。

 

5月17日 Walter P. Sauerにて

 

工場の歴史、持っている技術、ZIPANGUとの帯を使用した家具製造による西洋と東洋のコラボレーションなど、単なる家具工場ではない取り組みをオーナーのAnthony Morrisが熱く語りました。

 

材料の選び方や種類なども紹介。5/16

 

元々NYには多かった家具の職人技術も現在は減少し、NY近郊では数少ない高級家具メーカーの一つになっています。安いものではない本物の良さが伝わればと思います。

 

帯や着物の製造についても、職人減少の傾向にあり、何とか歯止めをかけようとの思いはイコールだと思っています。

 

この日は、日本の企業より会議テーブルの引き合いが来ているという嬉しいニュースも入り、ローカルのみならず、今後は海外にも広く発信したいと考えています。

 

さて、帯地を使用したクラッチバッグ”Z’ Byrsa Obi”ですが、箱が出来上がり、これから納品開始です。洋でも和でも使えます。

 

限定販売のため、ZIPANGUショールームにてのみで展示販売しています。

 

箱には箔押しという技術でロゴを刻印しています。

 

5月も各所でイベントが多く、3月に個展を開催された、日本画家の大竹寛子さんがMaKaRiという素敵な日本の美術品を扱うお店で今度はグループ展を開催されました。

 

ご本人の作品の前にて。(墨絵の紬訪問着に西陣帯)

 

いつも着物を着て来場者をお迎えする大竹さんは、海外で着物を紹介してくれている貴重な一人で、当社も応援しています。

 

MoMa Sohoのイベントにて。

 

MoMa Sohoのイベントは、ソニーのプロダクト紹介とお茶の体験という大変ユニークなコラボレーションイベントでした。

 

会場はショップなのですが、所々にSonyの商品が展示されており、来場者が見て触って体感できるというものです。スピーカー系の商品とコンパクトなプロジェクターがメインでした。

 

テーブルランプ兼、Bluetoothスピーカー by SONY

 

新しいデザインを招待した約200名人にダイレクトに紹介するという興味深いイベントでした。

 

ここでイベントの案内ですが、当社では、Kimono New Yorkのブランドで、現在、着物のレンタルや着付けサービスなどを行っていますが、この度、5月20日開催のBeauty Expoに出展します。

 

着物のレンタルサービスや、着物の着装体験&着物にあったヘアスタイルなど、美しく装うというテーマで出展します。

 

Kimono New York フライヤー撮影風景。(Model Tomoko H)

 

会場は@タカラベルモントNYショールーム (17 W 56th Street, Bet. 5 & 6 ave)で11:00am- 7:00pmの開催です。是非ご来場ください。

 

〜NYの風景〜

5/8はNYでは96年ぶりにAmerica’s Cupのシリーズ戦、Louis Vuitton Cupがハドソン川で開催されました。

 

日本のSoftbank Team。応援しています!

 

1991年のSan Diego大会では、Nippon Challenge として日本チームが参戦し、私はこの時にSan Diego駐在中で、25年ぶりにこのレースに出会えてことは感激でした。

 

船は以前とは比べものにならない程高速、高性能になっています。

 

本戦は来年で、前回優勝のOracle Team (USA)と今回の予選の優勝者がマッチレースで戦います。

2016.4.27 23:31:15 未分類

先日、友人に誘われてMomosanというラーメン屋に行きました。ラーメン店が次々にできるマンハッタンですので興味深々でした。

 

バーのイメージです。

 

このお店、あの有名なレストランMorimotoが運営をしており、金曜の夜で約1時間待ちの状況でした。有名だけでない工夫と努力があるのだと思いました。

 

オーナーもお店に出ていたので、スタッフも緊張感の中に明るくテキパキとした対応でした。

 

想像したよりあっさりトンコツで美味しかったです。

 

トンコツが濃ければビールとも言いたくなりますが、お酒で行けました。お酒ならお腹もそれほど一杯にならないので、ついついつまみも注文してしまいラーメンのつもりが居酒屋に来ているようでした。

 

NYのレストラン事情を熟知しての出店という感じを受け、私の知る限り大きな前宣伝もなく開店すれば人が集まってくるという印象でした。

 

さて、ZIPANGUにはデザインや建築関係者だけでなく、最近オークション関係者の来訪がありました。アート作品としても興味を持たれています。

 

映像も見せながら説明。

 

その他、NYの家具職人が作る和食の懐石プレートと箸置きなども製造しており、持ちうる技術とアイディアを形にしています。

 

料理研究家のアイディアも取り入れています。

 

また、来月発表のフロアランプは、少し時間が掛かりましたが、家具の木工技術、帯生地、着物生地のコラボによる作品となります。

 

ランプシェイドに着物の生地を使用します。

 

日本の生地や素材は、信頼ができ品質も高いので、有名ブランドも含めアパレル業界でもかなりのシェアで使用されているようです。

 

先日ある方がお話をしていましたが、日本は鉄道が時間通りに来る国で、海外のビジネスにおいてもこの時間通りというのが大きな信頼に繋がっているということでした。

 

最近、NYで着物を着てパーティーやイベントにという方の問い合わせが時々入り、当社もお手伝いする機会が増えてきましたので、少し積極的に告知を開始したいと思います。

 

少しでも多くの方にこのNYで気軽に着物を着てもらうお手伝いができればと思います。海外にて日本の良さも感じてもらいたいです。

 

日系の新聞社と着物イベントのミーティング。

 

さて、明日、明後日は、ZIPANGUの作品のプロモーション用の撮影を行います。

2016.4.14 1:05:17 未分類

毎月恒例となってきたHappy Hour@ZIPANGU。当社のショールームと作品の紹介を行っています。

 

今月は、帯地を使用した、クラッチバッグ “Z’ Byrsa Obi”(ギリシャ語)の紹介をしています。このクラッチバッグ、もともとは私の知人の発案です。

 

10種類のZ’ Byrsa Obiを展示中。

 

帯は、家具にしてしまうと手で触れる機会がないので、触ってもらうことができないかと考えていた時に出てきたアイディアです。

 

実際のデザインはNYのバッグや帽子のデザイナー、金具はNYのジュエリーデザイナーに鋳造で作ってもらっています。

 

ZIPANGU ロゴ

 

NYでタッセルを探したのですが、良いものが見つけられず、京都の組紐屋にお願いしてオリジナルで作ってもらいました。まさに日米のコラボです。

 

京都組紐屋のブラックシルクタッセル(写真商品は売約済)

 

さて、このHappy Hourでは今回、Amazake (甘酒)を振舞っています。最近は飲む点滴とも言われるほどで、体にも良く日本のみならず海外でも人気です。

 

Amazake product by Tomoko

 

友人の日本好きのスティーブも来てくれました。彼は最近、日本の文化を自宅の和室を使って、積極的に紹介しています。今回は甘酒も楽しみにしてくれていたようです。

 

スティーブはいつも作務衣姿です。

 

今回は、このイベントに合わせて京都のとなみ織物から帯を送ってもらいました。家具工場のオーナーでデザイナーのAnthony Morrisと選んだ帯です。

 

和室に並ぶとなみ帯(皆さんの協力で無事到着。汗)

 

これらの帯は、家具に使うことを視野に入れており、スクリーンやベッドボードなどに使用を考えています。

 

来場者からはとても良い意見をいただいています。帯が素晴らしいことは理解をしてもらっていますが、これをどう使うかで更にその魅力が引き出せると考えています。

 

さて、昨日はご注文いただいていた畳の納品がありお客様のご自宅に伺いました。洋風の空間に和のテイストを入れることで、また雰囲気の違った落ち着いた部屋になりました。

 

市松に敷き詰めました。

 

この畳はSEKISUIが、出雲の工場で製造しており、繊維から研究開発をした新しい畳です。色も40色以上と、薄くて軽くて劣化にも強く、ZIPANGUで昨年より取り扱いをしています。

 

今回のお納めした商品はZENシリーズという新しい畳で、紺と濃緑を選ばれたお客様はとてもお洒落な感性をお持ちです。喜んでいただけたことが何よりでした。

 

さて、ブライアントパークはスケートリンクからグリーンの芝に変わりました。春から夏に向けて季節が動き出しています。

 

@ブライアントパーク

2016.3.31 6:52:47 未分類

あっという間に3月も終わりです。たくさんのイベントが行われ、春の訪れを待ちわびた人々が大勢町に繰り出していました。

 

3/14-28は、天理ギャラリーにて日本画家の大竹寛子さんの個展が開催されました。

 

伝統の技法を受け継ぎ、現代的な感性を取り入れた思いのこもった作品ばかりでした。

 

オープニングレセプションは着物をお召しになりたいとのことで、スタイリングのお手伝いをさせていただきました。パーティーではゲストの皆様に大変好評だったとのことです。

 

桜模様の着物姿の大竹寛子さん@ZIPANGU

 

芸術の世界でも日本人の活躍が目立つNYです。こんな特別な時には積極的に着物を着てもらいたいと改めて強く思いました。

 

先日、5番街にオープンしたMUJIでは、販売している自社商品を組み立てた東京の町が人気を集めていました。とてもユニークな発想に刺激を受けます。

 

MUJI@5th AVE ここにも日本企業。

 

今月は、定例のJETROの会合でのプレゼンテーションの機会、知人に招かれての日米ライオンズクラブのパーティーでは、新しい人とお会いする機会がありました。

 

ZIPANGUと日本和装の事業内容の説明。@JETRO

 

日本から進出してくる企業などの支援をすることを目的に作られたJ-Biznetのメンバーへの初めてのプレゼンテーションでした。米国で活躍するメンバーの皆さんには、着物の積極的な着用もお願いしてきました。

 

日米ライオンズクラブは設立39周年のパーティーとのこと、歴史あるイエール大学の卒業生のソーシャルクラブに初めて行きました。

 

歴史を感じさせるとても趣のあるイエールクラブ。

 

着物姿もちらほら、男性も私以外に1名おられました。大小合わせるとパーティーの多いこのNY、日米交流の場でもあることを考えると、着物はやはりとても良いコミュニケーションツールになると思いました。

 

色々な方にお出会いできる機会の一つ一つを大切にしていきたいと思います。

 

ZIPANGUでは、自宅やレストランなどで使用するオリジナルの和風プレートの試作品が出来上がりました。Made in NY Brooklynの和を意識した作品です。

 

和風プレート、4月に発表します。

 

ZIPANGUのメールリストに登録されている皆様には、3月のEmail Blastを送信しています。今回は、帯を使ったクラッチバッグで、その名はZ’ BYRSA OBIです。

 

Z’ BYRSA OBI

 

Custom Presentation Box design by  Anthony Morris

 

4/11-13、5:00pm- 7:00pm 3日間で10作品を展示発表します。ご希望の方は、z@zipangunyc.comまでお申し込みください。

 

いよいよ4月、NYでも桜が開花します。日本から100年前に寄贈された桜はこのアメリカでもとても愛される花の一つになっています。

« 前ページへ次ページへ »
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031